カードローン比較ラボ【最新版】 » キャッシング » 

カードローンとキャッシングの違い

読了までの目安時間:約 2分

カードローンとキャッシングの違いについて、
カードローンとキャッシングの違いはなかなかわかりにくいですよね?

実際のところ最近ではカードローンとキャッシングは同じ意味に使われています。
正確にはカードローンはカードを用いたローンの事を指しています。
一方キャシングは融資全体のことを指し、
特に無担保ローンの事を呼ぶケースが多かったです。

消費者金融が個人に融資するサービスのことをキャッシングサービスと呼んできたことが背景としてあります。
つまりカードを使ったローンをカードローンと呼び、
キャッシングがそれよりも広い意味で融資全体を指している時に使われてきました。

しかし実際のところお互いの意味にあまり違いはありません。
カードローンは銀行のサービス、
キャシングは消費者金融のサービスというイメージもあるかもしれませんが、実際のところそのような違いもないのが現状です。
ですので同じものと考えてしまってもよいでしょう。

キャッシングは大きく3つに分けることができる

読了までの目安時間:約 2分

キャッシングは大きく分けると三つのカテゴリーに分けることができます。

1つ目は銀行系です。

銀行本体で銀行の子会社が提供しているキャシングサービスになります
銀行は豊富な資金力と安定した経営基盤を持っていますので、当然審査は厳しめになのですが金利は低めで利用できるというところが魅力になります

2つ目が消費者金融です。

他に比べると利率が低めになっているのですが借入上限額が低くなっている傾向にあります。
審査基準に関しては他に比べて甘めになっていおり、融資スピードも速いところが多いです。
また CM や街中の看板 ATM などで有名な消費者金融会社が多く、手軽に借入を行うことができます。

そして3つ目が信販系です。

こちらはクレジットカード会社が行うキャシングサービスの事を指します。
こちらは銀行系、消費者金融系の中間のような存在になっています。
金利、審査基準に関しても、銀行系と消費者金融系の中間ぐらいのものになっています。
こちらに関しても街中に ATM などが多く存在していますので非常に便利に借りることができます。

以上それぞれ限度額や利率審査のスピードなどは異なっています。
ですので自分に適したサービスを選びましょう。

カードローン基礎知識
カードローン体験談